医薬品製造の基礎知識

医薬品の知識 レポート一覧

医薬品と食品の違いとは!?

 私たちが日頃スーパーマーケットで買うカップラーメン、お菓子などは”一般食品”と言われている。 ドラッグストアなどでは、食品と医薬品を両方買うこともできるが、実はこれら2つは大きく違う。 食品と医薬品は何が違うのか?  次に、食品と医薬品の違いを4つ示す。違い@ 人の生命に直結する まず、医薬品製造...

≫続きを読む

良い医薬品とは!?

 医薬品は食品と違い、見た目では品質の良否がわかりにくい。では、良い医薬品とはどういうものをさすか。次に、良い医薬品の判断基準を4つ示す。有効性に優れている ◎期待されている効果が十分に得られる。 薬は効能によって数多くの種類がある。風邪薬だけでも、熱、せき、鼻水などの症状に合わせたものが市販されて...

≫続きを読む

医薬品の種類・分類

 医薬品の種類は大きく分けると、「医療用医薬品」と「市販の医薬品」に分けられる。医療用医薬品 医療用医薬品は、医師が患者さんそれぞれの症状に応じて処方し、薬局で調剤して患者に渡されるものである。 市販の医薬品より効き目が強い分、副作用が現れることもあるので、医師や薬剤師の説明をよく聞いて服用する。ま...

≫続きを読む

医薬品と健康食品の違い

医薬品と健康食品の違い 医薬品と健康食品の主な違いをまとめると、次表のようになる。医薬品健康食品品質製品としての品質が一定同じ製品でも品質が一定とは限らない対象者病気の人が対象健康な人が対象利用法医師・薬剤師の管理下で利用選択・利用は消費者の自由(出所)国立健康・栄養研究所情報センター違い@ 品質 ...

≫続きを読む

薬の剤形

薬の剤形について 医薬品は、目的や薬効によって、粉末、錠剤、液剤等の適切な形に加工される。 これを剤形という。  剤形は、薬の安定性や服用しやすさ、効き目や副作用の現れ方などを考慮して決定される。各剤形の特徴 剤形の種類は、主に内用剤、外用剤、注射剤の3つに分けられる。次にその特徴を示す。【@内用剤...

≫続きを読む

医薬品添加物とは!?

医薬品添加物とは!? 医薬品添加剤は有効成分と共に医薬品を形作る重要な構成成分であり、医薬品の飲みやすさ(苦み、臭気のマスキング等)や安定性向上、有効成分の安定した放出等の有用性を提供するほか、製剤化を容易にするなどの面でも役立っており、ほとんどすべての医薬品に添加されている。  第16改正日本薬局...

≫続きを読む

ジェネリック医薬品とは!?

ジェネリック医薬品とは!? ジェネリック医薬品は、先発医薬品に対する言葉として、“後発医薬品”と呼ばれる。 先発医薬品とは文字通り、先に開発された医薬品である。この先発医薬品と同じもので後から開発された医薬品が後発医薬品、すなわちジェネリック医薬品である。 薬は、9〜17年もの歳月と、数百億円以上の...

≫続きを読む

バイオ医薬品とは!?

バイオ医薬品とは!? バイオ医薬品とは、有効成分がタンパク質由来(成長ホルモン、インスリン、抗体など)、生物由来の物質(細胞、ウイルス、バクテリアなど)により産生される医薬品のことである。 これらは化学合成の低分子医薬品に比べて分子が大きく、構造が複雑であり、その特性や性質は一般に製造工程そのものに...

≫続きを読む

バイオ医薬品と従来の医薬品との比較

バイオ医薬品と化学合成医薬品の比較バイオ医薬品とは、バイオテクノロジーによって作られたタンパク質のことである。化学合成で作られる従来の低分子医薬品と比較する。項目バイオ医薬品化学合成医薬品製造方法細胞で生産化学合成製造プロセスコントロールのためにはより多くのデータが必要(近年:製法・分析手法の進歩)...

≫続きを読む